サービス

サービスの種類

介護保険では、居宅介護支援・居宅サービス・施設サービス・地域密着型サービスを利用することができます。

要介護認定を受けた方で、要介護1~5の方は介護サービスを利用できます。
要支援1・2と認定された方は介護予防サービスを利用できます。

要介護認定とは

居宅介護支援・介護予防支援

居宅サービス

施設サービス

地域密着型サービス

 

居宅介護支援・介護予防支援

ケアプランを作成します。
利用者負担はありません。

介護サービス(要介護1~5) 介護予防サービス(要支援1・2)
居宅介護支援 居宅サービス等を適切に利用できるよう、ケアマネジャーが心身の状況・環境・本人の希望等に基づき、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、サービスの利用状況の確認等を行います。施設サービスを利用する場合は、施設のケアマネジャーがケアプランを作成します。 予防給付なし
介護予防支援 介護給付なし 「要介護状態の維持・改善」を図り、「介護が必要にならないよう自立する」ため、心身の状態や環境、生活歴などを分析して目標を設定し、これを達成するためのケアプランの作成やサービスの利用状況の確認等を行います。原則として、地域包括支援センターの職員がケアプランを作成します。

 

居宅サービス

<訪問サービス>

自宅で介護や看護、リハビリを受けることができます。

介護サービス(要介護1~5) 介護予防サービス(要支援1・2)
訪問介護 ヘルパーが利用者の自宅を訪問し、食事・入浴・排泄等の身体介護や調理・洗濯・掃除等の生活援助を行います。通院などのための乗車又は降車の介助も利用できます。 利用者が自力で行うことが困難な行為について、ヘルパーが利用者の自宅を訪問し、介護予防サービス計画で定める期間にわたり、身体介護や生活援助を行います。通院等乗降介助は利用できません。
訪問入浴介護 浴槽を積んだ移動入浴車等で利用者の自宅を訪問し、入浴の介護を行います。 自宅に浴室がない場合や疾病等の理由からその他の施設での入浴利用が困難な場合に利用できます。
訪問看護 医師の指示に基づき、看護師等が利用者の自宅を訪問し、健康チェック、療養上の世話や必要な診療の補助を行います。 医師の指示に基づき、看護師等が利用者の自宅を訪問し、介護予防サービス計画で定める期間にわたり、健康チェック、療養上の世話や必要な診療の補助を行います。
訪問リハビリテーション 医師の指示に基づき理学療法士や作業療法士等が利用者の自宅を訪問し、心身機能の維持回復及び日常生活の自立を支援するためのリハビリテーションを行います。 医師の指示に基づき理学療法士や作業療法士等が利用者の自宅を訪問し、介護予防サービス計画で定める期間にわたり、心身機能の維持回復及び日常生活の自立を支援するためのリハビリテーションを行います。
居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師等が、通院が困難な利用者の自宅を訪問し、療養上の管理や指導を行います。 医師、歯科医師、薬剤師等が、通院が困難な利用者の自宅を訪問し、介護予防を目的とした療養上の管理や指導を行います。

 

<通所サービス>

施設に通って介護やリハビリを受けることができます。

介護サービス(要介護1~5) 介護予防サービス(要支援1・2)
通所介護(デイサービス) 日帰りでデイサービスセンター等に通い、食事・入浴・排泄等の介護や機能訓練を行います。 日帰りでデイサービスセンター等に通い、介護予防サービス計画で定める期間にわたり、食事・入浴・排泄等の介護や機能訓練を行います。
通所リハビリテーション(デイケア) 日帰りで介護老人保健施設や診療所、病院等の医療機関に通い、利用者の心身機能の維持回復を図るために必要なリハビリテーションを行います。 日帰りで介護老人保健施設や診療所、病院等の医療機関に通い、介護予防サービス計画で定める期間にわたり、利用者の心身機能の維持回復を図るために必要なリハビリテーションを行います。

 

<短期入所サービス>

施設に短期間宿泊して介護サービスを受けることができます。
在宅ケアをしている家族の負担を軽減するために一時的にケアを代替するサービスを行います。

介護サービス(要介護1~5) 介護予防サービス(要支援1・2)
短期入所生活介護(ショートステイ) 特別養護老人ホーム等の施設に短期入所して、食事・入浴・排泄等の介護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行います。 特別養護老人ホーム等の施設に短期入所して、介護予防サービス計画で定める期間にわたり、食事・入浴・排泄等の介護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行います。
短期入所療養介護(ショートステイ) 介護老人保健施設や医療施設に短期入所し、医師や看護職員、理学療法等によって医療や看護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行います。 介護老人保健施設や医療施設に短期入所し、医師や看護職員、理学療法等によって、介護予防サービス計画で定める期間にわたり、医療や看護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行います。


<福祉用具・住宅改修>

自宅での生活や介護環境を整えるためのサービスです。

介護サービス(要介護1~5) 介護予防サービス(要支援1・2)
福祉用具貸与 利用者の日常生活の自立を支援する福祉用具を貸与します。車いす、電動ベッド、歩行器等 福祉用具のうち、介護予防に役立つものを貸与します。歩行器、歩行補助つえ等
特定福祉用具販売 福祉用具のうち入浴又は排泄に使用する用具を購入した場合、年間10万円を限度として購入費を支給します。腰掛便座、自動排泄処理装置の交換可能部品、入浴補助具等
住宅改修費支給 在宅の利用者が、住み慣れた自宅で生活が続けられるように、小規模な住宅改修に対して20万円を限度として支給します。手すりの取り付け、段差の解消、和式便器から洋式便器への取替等


<特定施設入所者生活介護>

有料老人ホーム等に入居して介護サービスを受けることができます。

介護サービス(要介護1~5) 介護予防サービス(要支援1・2)
特定施設入所者生活介護 特定施設(介護付有料老人ホーム、経費老人ホーム等)に入居している方に、食事・入浴・排泄等の介護や機能訓練を行います。 特定施設(介護付有料老人ホーム、経費老人ホーム等)に入居している方に、介護予防を目的とした食事・入浴・排泄等の介護や機能訓練を行います。

 

施設サービス

施設に入所して介護やリハビリを受けることができます。

介護サービス(要介護1~5) 介護予防サービス(要支援1・2)
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
常に介護が必要で在宅において生活することが困難な方が入所し、日常生活上の世話、機能訓練、看護等のサービスを受けながら生活する施設です。 予防給付なし
介護老人保健施設 病状が安定しており、リハビリテーションや看護・介護が必要とする方が一時入所して在宅復帰を目指す施設です。 予防給付なし
介護療養型医療施設 長期にわたる療養を必要とする方が、介護等の世話及び機能訓練、その他必要な医療等のサービスの提供を受ける施設です。

※平成29年度に廃止

予防給付なし

 

地域密着型サービス

住み慣れた地域で生活を継続できるように支援するサービスです。

介護サービス(要介護1~5) 介護予防サービス(要支援1・2)
小規模多機能型
居宅介護
通所サービスを中心に、利用者の希望に応じて訪問介護や泊りを組み合わせ、食事・入浴・排泄等の介護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行います。 介護予防を目的として、通所サービスを中心に、利用者の希望に応じて訪問介護や泊りを組み合わせ、食事・入浴・排泄等の介護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行います。
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
認知症のため介護を必要とする方が、小人数で共同生活する住居です。食事・入浴・排泄等の介護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行います。 <要支援2に該当する方のみ利用可
認知症対応型通所介護 認知症の方が日帰りでデイサービスセンター等に通い、食事・入浴・排泄等の介護や機能訓練を行います。 認知症の方が日帰りでデイサービスセンター等に通い、介護予防サービス計画で定める期間にわたり、食事・入浴・排泄等の介護や機能訓練を行います。
夜間対応型訪問介護 夜間の定期的な巡回訪問と随時の対応、また利用者からの通報に応じて訪問介護を行います。 予防給付なし
定期巡回・随時対応型
訪問介護看護
日中、夜間を通じて1日複数回の定期訪問と随時の対応により、介護と看護を提供するサービスです。 予防給付なし
地域密着型介護老人
福祉施設入所者生活介護
入所定員29名以下の小規模な特別養護老人ホームです。

食事・入浴・排泄等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練及び療養上の世話を行います。

予防給付なし
地域密着型特定施設
入居者生活介護
入居定員29名以下の小規模な有料老人ホーム等です。

食事・入浴・排泄等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練及び療養上の世話を行います。

予防給付なし
複合型サービス 小規模多機能型居宅介護サービスに加え、訪問看護を組み合わせたサービスです。 予防給付なし